誰にもバレずにお金を借りる方法

誰にもバレずにお金を借りる方法

消費者金融に限らず、キャッシングやカードローンでお金を借りる時は誰にもバレずに借りたい場合がありますよね。
一人暮らしであれば書類が送られてきたり電話がかかってきたりということに神経質になる必要はありませんが、実家で親と同居していたり、結婚している場合は色々な面で気を遣いますよね。
そこで、誰にもバレずに、しかも即日融資が可能な方法をご紹介します。
お金を借りたいけど、バレそうだから借りにくい!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

バレたくないなら消費者金融が最もオススメです

実は、誰にもバレずに借りたい場合は消費者金融のキャッシングやカードローンが最もオススメなんです。
なぜ消費者金融がオススメなのか?
それは、「消費者金融の持っているイメージ」がポイントになっているんです。

 

マイナスイメージだからこそサービスが行き届いている

消費者金融は、即日融資に特化した非常にスピーディで便利なキャッシングです。
しかし、やはり多重債務などでイメージはあまり良くなく、お金を借りたいと思っている人で、家族にバレたくないと思っている人はやはりこの消費者金融のイメージがマイナスだからではないでしょうか。
しかし、あえてそこで消費者金融をオススメする理由は、プライバシーへの配慮がとっても行き届いているところなんです。

 

消費者金融ならではのサービス

  • 利用明細の郵送がない
  • 契約書類等の書類やカードの送付方法を選べる
  • 書類やカードの送付を一切ナシにできるところもある
  • キャッシングと気づかれないカードデザイン

どれも銀行や信販系のカードローンではなかなか見られないサービスですよね。
最近では、電話確認・郵送・カードすらもないという方法でのキャッシングもあります。
これなら絶対にバレることがないので安心です。

 

確実に誰にも気づかれずにお金を借りるためには、消費者金融でのキャッシングがオススメです。

 

郵送物・電話連絡一切ナシ!WEB完結

絶対に誰にもバレずにお金を借りる方法の中に、「WEB完結」という方法があります。
自宅からインターネットで申し込んで、最終的に自分の口座に振込んでもらう形でキャッシングをするという方法で、一度も店舗などに出向くことなくキャッシングができるので、誰かに見られることも気づかれることもありません。

 

このWEB完結の方法は、店舗に出向く時間がない人や、店舗に出入りする時に誰かに見られたくないという人のためにできたサービスでした。
そのため、WEBで申し込みとキャッシングは可能ですが、その後カードや契約書は郵送で送られてくるのが一般的でした。

 

しかし、カードや契約書が送られてくると家族に気づかれてしまうため、最近ではカード発行も契約書の郵送も一切行っていないキャッシングもあります。
また、郵送ではなくカードのみ店舗で受け取ることもできますし、郵送の時間帯や場所を指定することも可能です。
WEB完結はいつでもどこからでも申し込みが可能で、結果はメールで送られてくるため勤務先からでも申し込みができるので便利です。

 

誰にもバレずにお金を借りたい人は、WEB完結で申し込んで、カード発行ナシのところを選ぶか、カードのみ店舗に取りに行く方法ならバレずに契約することが可能です。
ただし夜間や土日祝は即日融資ができない場合もありますので気をつけましょう。

 

旦那にバレずにお金を借りることはできる?

専業主婦の方は基本的には消費者金融などの金融業者からお金を借りることはできませんが、銀行カードローンならお金を借りることができます。
銀行カードローンは総量規制がないため、自身に収入がない専業主婦でも配偶者に安定した収入があればお金を借りることが可能です。

 

しかし、この場合旦那の会社に確認の電話が入るんじゃないか?旦那の同意書などが必要なんじゃないか?と不安になりますよね。
もちろん、確認が必要なところもあると思いますが、ほとんどの場合は旦那の同意書なども不要ですし、勤務先に連絡が行くこともありません。
ただし、専業主婦の場合は借入限度額が10万円〜20万円程度と低い金額で設定されている場合が多いです。
まとまった金額を借りたい場合は専業主婦では難しいですが、生活で足りない程度の金額であれば、旦那にバレることなくお金を借りることは可能です。
ただし、キャッシングによって様々ですので、契約する時に確認するようにしましょう。

 

在籍確認で会社に気づかれないためには?

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合、会社の在籍確認は必須事項とされてきました。
しかし、最近ではこの在籍確認もナシで契約することができるキャッシングもあります。

 

例えば夜間だったり、祝日だったり在籍確認が不可の場合、社員証や給与明細などで在籍確認OKとしてくれる場合もあります。
そして、最近では申し込みをする際に在籍確認そのものをナシとして契約することができるようになっているキャッシングも見かけるようになりました。

 

基本的にキャッシングの在籍確認は、会社名などは名乗らず個人名で電話をかけてきます。
その際、本人が席を外していたり休みでも在籍していると分かればそれでOKなので、実際に本人が電話に出る必要はありません。
しかし、そもそも内勤業務で個人に電話がかかってくることが全くない人にとっては、個人名で電話がかかってくる時点で怪しまれてしまいます。
そんな方は、このように在籍確認を書類で済ませてくれるところは非常に便利で助かりますよね。

 

ただし、揃えるべき書類はキャッシングによって様々ですので、これも即日融資が可能かどうかは事前に確認するようにしましょう。

 

バレるのはどういう時?気をつけるポイント

キャッシングやカードローンで家族や会社にバレてしまう場合というのは、実はキャッシングからの郵送物などよりも、カードを落としたり、ATMを利用した時の明細書をうっかりテーブルに置きっぱなしにしてしまったりなど、本人の「うっかり」が多いんです。
ではどういった部分を気をつけた方がいいのか、いくつかポイントをご紹介します。

  • カードを置きっぱなし
  • ATMの利用明細を財布に入れっぱなし
  • 返済日の案内メール
  • 返済日を忘れてしまった場合の督促電話
  • 返済日を過ぎてしまった場合の督促郵便物

この中でも最も気をつけるべきは「返済日のうっかり忘れ」です。
これだけは容赦なく電話や郵送物が送られて来ますので、万が一うっかり忘れてしまったらすぐにこちらから連絡を入れましょう。
電話さえ入れておけば、自宅や勤務先に電話してくることはありませんので、必ずすぐに電話して返済するようにしましょう。
また、返済日を忘れないようメールなどを設定している場合は、そのメールを消し忘れたりしてバレることもありますので、その辺りも気をつけてチェックしておくようにしましょうね。